気付いてますか?眉間のシワ

チョコルージュのブログにご訪問くださり、誠にありがとうございます。

早速ですが、「眉間のシワ」を意識なさったことございますか?

眉間のシワがあると、自分ではそのつもりがないのに

疲れて見られたり、怒っているように見られたり

気難しそうな印象を持たれたりして、女性にとって、良いことはひとつもありません。

ない方が良いに決まっている、この「眉間のシワ」。

どうしたら防げるか、考えてみましょう!

 

< 目 次 >

1.眉間のシワはどうしてできるの?

2.同年代なのに、ある人とない人がいるのはなぜ?

3.予防と改善法は?

4.まとめ

 

1.眉間のシワはどうしてできるの?

先ず、眉間にシワが寄る仕組みです。下写真に簡単にまとめてみました。

「眉根を寄せる」という言葉がありますが、この言葉通りの表情を作るには

皺眉筋(しゅうびきん)と鼻根筋(びこんきん)が働き、眉頭を下げながら中央に寄せます。

どちらも皮膚についている筋肉なので、引っ張られた皮膚がたわみ、眉間にシワができます。

老化や水分量の低下によって弾力が落ちたお肌に、その動きが繰り返されると、シワが固定されてしまいます。

更に酷くなると筋肉が肥大して、眉間や眉の上に深いシワを伴う凹凸ができます。

眉間のシワは年齢に関係なく、先ずは、表情の癖によってできるのです。

 

2.同年代なのに、ある人とない人がいるのはなぜ?

先ずは表情の癖によってできるシワなので

眉間にシワを寄せる表情をしない人、シワを寄せる頻度が低い人は、眉間のシワがありません。

眉間にシワが寄るのは

・視力が悪くて、物をよく見ようとしてつい目を細めてしまう

・真剣に物を考える

・怒りや悩み、痛み等といったマイナスの感情を受ける

上記のタイミングが、考えられます。

日常において眉根を寄せる癖がある方は、ない方に比べると

早い内から、眉間に深いシワが固定されてしまうのです。

 

3.予防と改善法は?

表情の動きでできるシワなので、眉間にシワを寄せなければ良いのです!

…って、言うのは簡単ですね。

先ずは、眉間にシワを寄せる頻度を減らす環境作りから始めましょう。

テレビやスマホを見るときは

部屋のライティングを工夫したり、眼鏡や拡大鏡をお使いいただいて

自分にとって「見やすい」環境にしてみてください。

そうすると、ピントを合わせようと、眉間にシワを寄せることも少なくなります。

考える時にシワを寄せてしまう癖を自覚している方は

眉間を自分の指で広げながら考えるとか、工夫してみてはいかがでしょうか。

日常生活で、ついつい眉間に力が入ってしまう方は、その癖を少しずつでも改められると良いですよね。

シワを寄せている自分に気付いたら、やめる!

更に進んで、口角を上げて眉根を離した、穏やかな表情でいるよう意識すると良いと思います。

私はよく「ホトケの気持ちで~」と、ふざけてお客様にお伝えしていますが

眉間に仏様にいてもらうような気持ちで、大らかな表情でいられるように心がけると

眉間に力が入りにくいと思います。精神論、すみません。

でも、自分を律するのは自意識なので、精神論は大事です!

あとは、内側からお肌をふっくらさせるクリームや美容液をご使用いただくとよろしいかと思います。

 

4.まとめ

眉間のシワは、老化によってできるのではなく

表情の癖によってできるものなので、日々の防止の積み重ねが最も大切です。

寄せない、寄せる回数を減らす!

そこにプラスして、肌老化を遅らせる為のUVケアと、しっかりとした保湿です。

やはり、「美」は蓄積されるもの。日々の労力の積み重ねなんですね。

 

備 考 )眉間のシワの予防と改善に役立てていただける

優れ物のシートパックができていますので、次のブログにてご紹介させていただきます!

 

 

< 関連記事 >

あなたは大丈夫?癖で加速する老化

 

chocorouge インスタグラム フォローお待ちしてます (人’v`)

初めてごくださる方へお願い(必ずお読みください)

Facebookでコメントする