おこもり美容:まつげの育毛編

posted by TAKATA

chocorougeのブログにご訪問ありがとうございます。

富山県内でも新型コロナウイルスの感染が拡大し、緊急事態宣言が全国に拡大されました。

不要不急の外出を控えて、おうちにおこもりする方が増えています。

「家でじっとしているのが苦手!」という方は、ストレスですよね…。

少しでもストレスを少なくお過ごしいただくため、自粛生活を楽しむためにも

普段したくても、できていなかったことに挑戦してみるのはいかがですか?

 

 

まつげエクステやまつげパーマは、いつも可愛い自分で、明るく楽しく生きていくために

「私の人生には必要!」という方も多いですが、まずは健康あってこその美容です。

このような状況下では、サロン通いを自粛なさる方もいらっしゃるでしょうし

当サロンも皆様の安全を第一に考え、5月6日迄まつげメニューを休止させていただきました。

(お客様には大変ご迷惑をお掛けしております。申し訳ございません。)

 

でもでも、まつげの施術ができない期間は、「まつ育」するのにうってつけです!

今回は、効果的で安全な「まつ育」方法について更新いたします。

 

< 目 次 >

1.最も効果的なのは「何もしない」&「美容液」

2.まつげメイクはやめられない方に…ビューラーとマスカラの選び方&使い方

3.今や欠かせないまつげ美容液の効果的な使い方

4.まとめ

 

1.最も効果的なのは「何もしない」&「美容液」

まつ育に最も効果的なのは、ダメージを与えることをゼロにして、たっぷりと栄養を与えることです。

すなわち…

・メイクや皮脂などのクレンジング残しなく、毛穴を清潔に保つこと

・ビューラーやマスカラといった、まつげに負担を掛ける行為をしないこと

・まつげ美容液を朝晩1回ずつの、一日2回使用する

・ゴシゴシ洗いしない(目元をこすらない)

…ことです!

これを続けていただくと、健康なまつげが生えやすく、そして抜けたり切れたりしにくくなります。

 

2.まつげメイクをやめられない方は…ビューラー&マスカラの使い方・選び方

上記のこと、簡単に言いましたが「素まつげで会社行けない!」「まつげは絶対上向きじゃないと!」

という方も、いらっしゃいますよね…(σ-д-;) 汗

ではでは、ビューラーは使うとして、お持ちのビューラーを点検してみてください。

・ゴムが古くなって、弾力が落ちていたり、割れていたりしないか

・アイシャドウやマスカラ、アイライン等の化粧品で汚れていないか

この二つは必ずご確認ください。

そのまま使っていたら、確実にまつげが抜けたり、切れたりします。

古くなっていたら新しいゴムに替える、汚れていたらその都度拭いて綺麗にするよう、気を付けてくださいね。

そして、ビューラーする時、力を入れ過ぎないことも大切です。

「だって上がらないんだも~ん!」という方、ビューラーがまぶたに合っていないのかも知れません。

ビューラーのまぶたに当てる部分の形はメーカーによって違いますし

日本人の平たいまぶたに合いやすい物、部分的に使う小さい物等、色々あります。

普段からビューラーにお悩みの方は、技術ではなく道具が合っていないのかも知れません。

そして、ウォータープルーフタイプや、落とすのに苦労するような強いマスカラは避けると良いです。

ゴシゴシクレンジングで、まつげは確実に傷みます。ハゲます。

今は、マスカラの品質も上がり、お湯で落ちるけれどパンダ目になりにくいものがちゃーんとあります。

 

 

3.今や欠かせないまつげ美容液の効果的な使い方

基本的には、洗顔後の使用が効果的です。

洗顔で毛穴の汚れを取り除き、栄養分を吸収しやすい状態になっている時がベスト!

また、寝ている間に美容成分が浸透するので、朝だけでなく晩にも必ず塗ってください。

更に付け加えると、スキンケアの一番初めに、まつげ美容液を生え際に塗ってください。

お肌が吸い込める美容成分の量には限りがあるので、まつげを優先すると、効率が良いです。

また、体温が高い時は美容成分の吸収率が高くなるので、お風呂上りに塗るのも良いです(o´∀`o)

 

4.まとめ

おこもり美容法、まつげに特化しましたが、いかがでしょうか?

健康なまつげの方が、まつげエクステ、まつげパーマの持続期間も長くなります。

まつげエクステで、できるデザインの幅が広がります。

まつげパーマだと、コシのあるまつげの方が綺麗に上がります。

エクステやパーマはしばらくお休み…(;_q) な期間、今まで頑張ってくれたまつげちゃんに充分な休息とご褒美を…。

 

chocorouge インスタグラム フォローお待ちしてます (人’v`)

初めてご予約くださる方へお願い(必ずお読みください)

Facebookでコメントする