夏はまつエクがとれやすい…( ;∀;)?

 安全・丁寧&お得なまつげエクステキャンペーン(2017年8月末まで)詳細はこちら

 しわタルミ専用美顔エステ:ボワールリフティング詳細はこちら

 ダウンタイム・皮むけのない美肌再生:オーガニックプレミアムパウダー詳細はこちら 

 初めてご予約くださる方へお願い(必ずお読みください)

 

ご訪問ありがとうございます。

お顔のリフトアップ、お目元の魅力アップ、心の元気アップならお任せください

chocorouge(チョコルージュ)です。

 

こんにちは!寺崎です。今回は私がブログを更新させていただきます。

お休みの日に友達とプールに行き、スライダーをいくつも滑り、水しぶきをタップリ浴びてきました!

 

ということで、プール、海、BBQ、花火などイベントの多い夏こそ、まつげエクステがオススメです!!

汗をかくことや水に濡れることが多い夏でも、パンダ目知らずで、イベントを安心して楽しめます。

海やプール、温泉などスッピンになってしまう時でも

アイライン効果、ビューラー効果、マスカラ効果のあるまつエクで、印象的な目元を死守することができます。

 

そんな風に、夏に大活躍のまつエクですが、夏ならではの注意点が3つございます。

 

 

 

 

 

 

 

一つ目は、まつエクのグルー(接着剤)は水分に弱いので

プールや海などで濡れてしまった後は、できるだけ水分を取ってあげることが大切です。

綺麗なお水で海水を洗い流し、ドライヤーの冷風で乾かしてあげてください。

また、コーティング効果のある美容液をつけてあげると

水分や汗などから、まつエクを守ってくれるのでオススメです。

 

二つ目は、施術の日がイベントのギリギリになってしまわないようにすることです。

例えば、「午後から海に行くから、午前中にまつエク行こう!」というのは、NGです。

まつエクのグルーは完全に乾くまで24時間、安定するまで3日間かかると言われています。

24時間はなるべく水分や油分、衝撃など、グルーの劣化の原因になることを避けていただくと

持続も良く、お肌にも負担がかかりにくいです。

ですので、ご予定がある数日~前々日に施術を受けていただくことをオススメします。

 

 

 

 

 

三つめは、日焼け止めの塗り方です。

日焼け止めには油分が多く含まれているため、まつエクと接触してしまうと、グルーの劣化原因となります。

日焼け止めを塗る際は、エクステの根元に極力触れないように気を付けて塗ってくださいね。

 

施術の際、まつげとエクステがしっかり吸着するように工夫をこらしておりますが

お客様のケアの仕方でも、持続力はグンと変わります。

 

まつエクで可愛い瞳をキープしながら、夏を思い切り楽しみましょうヾ(*´エ`*)ノ

TERASAKI

 

<関連記事>

エクステが取れ易いと感じている方に

まつげエクステを綺麗に長持ちさせる方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し訳ございませんが、施術中は電話に出られないこともございます。

時間ができ次第ご連絡させていただきますので

留守電にメッセージをお願いいたします。

または、メールにてお願いいたします。

Facebookでコメントする