アイリッドパーマは眼瞼下垂の方にもお勧め

posted by TERASAKI

チョコルージュのブログにご訪問くださり、ありがとうございます。

以前のブログ「まぶたをスッキリと!アイリッドアップパーマ」

まつげパーマの一種「アイリッドアップパーマ」は

・眼瞼下垂(がんけんかすい)で目があけづらい

・加齢でまぶたが下がってきた

・重い一重まぶたをスッキリ見せたい

・薄い二重の線をハッキリ二重にしたい

・下がりまつげが酷かったり、まつげが短過ぎて、まつげパーマでは上がらなかった

という方々にお勧め!と、説明させていただきました。

今回は、その中のひとつ「眼瞼下垂」に対する効果について、少し詳しく更新したいと思います。

ちょっと長くなりますが、お悩みの方どうぞお付き合いください。

 

< 目 次 >

1.眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

2.見た目、美容に対する効果

3.痛みの軽減、健康に対する効果

4.まとめ

 

1.眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

まず、眼瞼下垂(眼瞼下垂症)とは、何らかの要因により

まぶたを上げようとしても、まぶたが上がらなくなる状態のことを言います。

生まれつきの場合もあれば

加齢等により、まぶたを引き上げる腱膜・筋肉・神経の異常により生じる場合もあるそうです。

 

2.見た目、美容に対する効果

眼瞼下垂に対する効果として分かり易いのが、見た目の効果、美容的な効果です。

下写真のように、まつげが上がるだけでなく目がパッチリとします!

目周りのシワが薄くなり、皮膚のタルミ感が軽くなっています。

お顔の印象が随分と良くなるはずですヾ(・∀・)ノ

「上げたまぶた」を「上げたまつげ」で、しばらくの間、維持することができます。

 

3.痛みの軽減、健康に対する効果

眼瞼下垂の方やまぶたが下がってきた方は、視界が狭く悪くなるために

目を何とか大きく見開こうとして、「眉を上げる」癖がついています。

目の筋肉が弱い方もその傾向が強く、眉を上げることで目を開きます。

眉を上げるには、前頭筋と言われる額の筋肉を使うので

額の皮膚が頻繁に折りたたまれて、深いシワができてしまいます。

眼が開きにくくなると、前頭筋(額の筋肉)や後頭筋(耳の後ろ辺りにある筋肉)

上眼瞼挙筋(眼球の上・まぶたの内側にある筋肉)を過剰に使って、まぶたを引き上げようとするそうです。

すると、それらの筋肉が常に緊張状態になり

慢性的な頭痛や肩こりの原因になってしまいます。

視界が悪い上に頭痛だなんて、とても辛い状態だと思います。

身体の不調が続くと、気持ちも下がりがちになってしまうので、本当にお辛いと思います。

でも、そんな方にもアイリッドパーマはお役立ちです。

日頃、目の開きにくさを感じている方がアイリッドアップパーマをすると、目を開きやすくなります。

まぶたが上がって視界も良くなるので、目を見開くための筋肉を過剰に使う必要がなくなります。

そうすると、目や額、頭の筋肉への負担が減るので、頭痛も軽減されるのです。

また、前頭筋にかかる負担も減るので、額のシワも薄くなりますよ!

 

 

4.まとめ

アイリッドアップパーマは

開発なさった先生の、お客様への有り余る愛で、改善・改良が重ねられた技術です。

「可愛くなりたい」はもちろん

「少しでも痛みを軽減したい」「少しでも視界を良くしたい」という

切実なお悩みにもお応えできるかもしれません。

眼瞼下垂にお悩みの方、手術では改善できなかった方

アイリッドアップパーマに真剣に取り組んでいる、お近くのお店でお試しになってはいかがでしょうか?

一度の施術では一気に解決できないかもしれませんが

施術の回数を経るごとに、まぶたに癖がついてくるはずです。

富山県高岡市お近くにお住まいで、お悩みの方は、当サロンにお気軽にご相談ください。

 

< 関連記事 >

初めてのアイリッドアップパーマは、二度がけで!

まぶたをスッキリと!アイリッドアップパーマ

 

chocorouge インスタグラム フォローお待ちしてます (人’v`)

初めてご予約くださる方へお願い(必ずお読みください)

Facebookでコメントする