まつげパーマを綺麗に、長持ちさせるために

posted by TERASAKI

チョコルージュのブログにご訪問ありがとうございます。

7月は雨の日が多かったですが、8月に入って30℃を超えて暑い日が多いですね。

暑くて汗ばむ時期には、まつげエクステはもちろん、まつげパーマも人気です!

当サロンでメインに扱っているまつげパーマは、ラッシュリフト(根元立ち上げ)デザインですが

そのラッシュリフトを含んだまつげパーマを、綺麗に長持ちさせるケア法をご紹介しようと思います。

 

 

まず、施術後は目をこする・触る行為を避けましょう!

カールは定着するのに、少し時間が掛かります。

定着しきっていない状態で、まつげを触って乱れてしまうと

せっかく綺麗にかけたパーマのデザインが、崩れる原因になってしまいます。

またクレンジングや洗顔の際も、まつげを擦らないよう気を付けましょう。

(メイクや汚れは、こすって落とすものではなく、馴染ませ浮かして落とすものです)

「摩擦」を与えてしまうことは

早くカールが落ちてしまうことや、まつげダメージの原因になります。

 

そして、美容液でのケアを必ずしてください。

まつげパーマは何といっても、「自まつげ勝負」です!

自まつげが長く、太く、濃い方ほど見栄えします。

そして、コシのある健康なまつげの方ほど、パーマのかかり(上がり)も良く、長く持ちます。

まつげパーマをかけると、パーマの仕組み上

まつげの主成分であるケラチン(タンパク質の一種)が流出します。

このケラチンが不足すると、まつげのハリ・コシ・艶が失われ、ボリュームもなくなります。

ですので、まつげパーマが美しくかかり、長持ちする健康な自まつげを保つためには

ケラチンを多く含む美容液でのケアが、特にオススメです。

当サロンでは、下写真のまつげ美容液をまつげパーマのお客様におススメしています。

(ちなみに、まつげパーマのお客様には20%オフでご提供してま~す★)

 

アフターケアの中でも、特に大切な2点について詳しくご紹介させていただきました。

以前ご紹介した「まつ育」も、並行していただけると

まつげだけではなく、髪の毛やお肌など、美容&健康にも良いはずです。

皆様の「キレイ」が長持ちするよう、参考にしていただけると嬉しいです ‘3`)b-

 

 

< 関連記事 >

内側からもまつげケア!

おこもり美容:まつげの育毛編

 

 

chocorouge インスタグラム フォローお待ちしてます (人’v`)

初めてご予約くださる方へお願い(必ずお読みください)

Facebookでコメントする