正しく使えていますか?日焼け止め

チョコルージュのブログにご訪問くださり、誠にありがとうございます。

紫外線対策について更新してまいりましたが、補足です。

なぜなら!お客様とお話したり、日焼け止めを塗ってらっしゃるご様子を拝見したりしていると

正しく使えている方が、少ないからです…(。pω-。) カナシミ

紫外線は、肌老化の大敵です!

日焼け止めの正しい使い方をまとめましたので、ご参考にしてください。

 

 

< 目 次 >

1.塗り方

2.塗る範囲

3.塗るタイミング

4.塗る量は「多いかな?」と思うくらい

5.やっぱり塗り直しは必要

6.まとめ

 

1.塗り方

塗りムラがないように、下図のようにお顔に数点おいて全体的に優しくたたき伸ばします

(額が広い方は、眉山上にそれぞれ一つずつ追加しても良しです)

擦らないように、お気をつけくださいね。

急いでいるときにやりがちな

「日焼け止めを両手のひらに広げてから、手のひら全体で塗る」のは、NGです!

細かいところが塗れない上に、日焼け止めが手のひらに残って、お顔に塗る量が減っています。

小鼻の脇や目尻、口角、眉間などは塗り忘れしやすい箇所なので気を付けましょう。

細かいところは、指先や指の腹の横を使うと塗りやすいです。

マスクの摩擦で崩れやすい箇所や

紫外線が当たりやすい高いところ(頬骨や額、鼻筋あたり)は、重ね塗りしておくと◎です!

 

2.塗る範囲

紫外線は上からだけでなく、地面や壁に反射して、下からも横からも飛び交っています。

ですので、お顔だけでなく、あご裏や首筋、お洋服によっては鎖骨周りまで塗りましょう。

塗り忘れやすい髪の生え際からフェイスライン周りも、しっかり塗りましょう。

更に厳重に!という方は、耳、耳の後ろまで範囲を広げてください。

 

3.塗るタイミング

女性の朝は特に忙しく、一分一秒を争っている方が多いです。

そのせいもあるのか、化粧水と乳液等でお肌を整えた後、すぐに日焼け止めを塗る方が多いようですが

それも改める必要があります。

お化粧品がお肌に馴染んでいない=保湿が不完全な状態で

日焼け止めを塗るのは、とっても良くありません。

化粧水や乳液と日焼け止めの成分が混ざってしまい、綺麗に塗れない上に日焼け止めの効果も落ち

後々、お肌も乾燥しやすくなってしまいます。

日焼け止めは肌に密着して、肌表面を覆うことで、効果を発揮するものです。

少し時間をおいて、基礎化粧品がお肌と馴染んだ後に塗りましょう。

忙しい朝でも、お着替えするとか、髪を整えるとか、お皿を洗うとか

支度の順序を入れ替えると、時間のロスなく改められると思います。

 

 

4.塗る量は「多いかな?」と思うくらい

塗る量が少なく、日焼け止めのパフォーマンスを発揮できていない方が圧倒的に多いです。

表示されているPA値やSPF値の遮光効果を、お顔の範囲で出すためには

・クリームやミルクタイプの日焼け止め → パール粒大 2個分

・ローションタイプの日焼け止め → 100円硬貨大 2個分

もの量を、塗ることが目安とされているそうです。

恐らく、「その半分の量も塗っていない!」と、驚かれる方が多いと思います。

塗る指に残る日焼け止めも考えて、「多いかな?」と感じられるくらい

お使いになった方が良いようです。

日焼け止めも、開封後は酸化で劣化が進みます。日焼け止めの命は、開封後3ヶ月です。

3ヶ月以内に使い切るべきものなので、自分の美肌のために遠慮なく使いましょう!

 

5.やっぱり塗り直しは必要

日焼け止めの効果をしっかり出すには、こまめな塗り直しが必要です。

面倒くさい・・・というのが、本音だと思います (=ω=)ワタシモ…

しかしながら、皮脂や汗、摩擦で、日焼け止めはどうしても落ちます。

マスクの擦れやマスク内の高湿度により、日焼け止めはいつもより落ちやすい状態です。

室内にいる方でも3~4時間に1度

屋外にいる方だと2~3時間に1度は塗り直す必要があるそうです。

ファンデーションを塗っている方も塗っていない方も

表面の油分や水分をオフしてから、塗り直しましょう。

お子様と遊ぶ時や、ゴルフをされている時のように

「日焼け止めとファンデーション、2つも塗り直す時間ないわぁ…」という場合は

UVカット機能を持ったパウダーファンデーションやフェイスパウダーでお直しすると

手間を少なくできますよ!

 

6.まとめ

「マスクしているから日焼け止め要らないと思っていた」

「強い日焼け止めを使っているから、塗り直さないで良いと思っていた」

と、案外、誤解が多い日焼け止め。

正しく使えば、シミやしわ、たるみを予防して、美肌を守る強い味方です!

効果的で肌に負担の少ない紫外線対策を心がけて、若々しい肌を維持しましょう (o´∀`o)!

 

< 関連記事 >

基本的かつ、効果的な紫外線対策

【VS 紫外線】まずは敵を知る!

 

chocorouge インスタグラム フォローお待ちしてます (人’v`)

初めてごくださる方へお願い(必ずお読みください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富山県高岡市のアンチエイジングエステサロン:chocorouge ~チョコルージュ~
しわタルミ専用美顔「ボワールリフティング」富山県唯一の加盟店です
小顔・ほうれい線・ゴルゴ線・口角や目尻の落ち等、お顔の老化にお悩みの方にお勧めです

Facebookでコメントする