スキンケアは鏡を見ながら

posted by TAKATA

チョコルージュのブログにご訪問くださり、ありがとうございます。

五月病や高湿度で体調を崩しがちな時季ですが、皆様お元気でらっしゃいますか?

 

早速本題ですが、サロンを始めたばかりの10年ほど前

「ここ何年も鏡を見ずにいて、久しぶりに鏡を見たら自分の老け具合にショックを受けた」

というお客様がおられました。

当時の私は30代半ばで、比較的若い上に経験も不足しており

申し訳ないことに、お客様が仰ることを理解できずにおりました。

「鏡を何年も見ていないって、どいういうことだろう?」と…。

それが、私も40代半ばになり中年真っ盛り!

今更で申し訳ないですが、そちらのお客様が仰っていたこととお気持ちが、分かるようになりました。

前置きが長くなりましたが

スキンケアをする時は必ず鏡を見ながら!をテーマに、更新させていただきます。

 

 

< 目 次 >

1.昔の私は、どうして理解できなかったのか?

2.至福であったはずが、そうではなくなった理由

3.鏡を見ながらスキンケアするメリット

4.美意識と化粧品のパフォーマンスを高める

5.まとめ

 

1.昔の私は、どうして理解できなかったのか?

お客様の「鏡を長い間見ていない」を、かつての若い私が理解できなかったのは

メイクする時に加え、朝・晩のスキンケア時、真剣に鏡を見ていたからです。

朝は、メイク崩れしにくい保湿をするために、鏡とにらめっこ。

夜は、日中頑張ったお肌へ適した保湿を、お顔の隅々まで行うために鏡をのぞき込んでいました。

夜の保湿は癒しにも感じられ、一日の疲れをリセットできる至福の時間。

そんな私だったので、「鏡を見ない」なんてことは、想像できないことだったんです。

 

2.至福であったはずが、そうではなくなった理由

「鏡見ないで、どうやってスキンケアできるの?」と、本気で疑問に思っていた私でしたが

鏡なしでも、案外できるんですね…。

かつての私は、どこへやら?! 気付けばこの数年、鏡なしでスキンケアしていました。

自分のことだけをしていれば良かった時代は、スキンケアに時間も手間も掛けられたけれど

いかに効率良く、かつ時短できるか?が、ここ最近は優先されていたように思います。

そこに加えて、「鏡を見たくない」気持ちがあったと思います。

出先でふとした時に気付く、鏡にうつった自分に失望するようになったからです。

目の下のクマ、目立ってきたしみやほうれい線など、自分の老化を思い知らされるのだけれど

「まだ大丈夫、まだそんなにひどくない」「スーパーの鏡だからだよ、照明のせいだよ」

と、言い訳したい自分がいっぱいで

認めたくない → 鏡を見たくない → 見なくなる…と、なっていたと思います。

とても残念なことに、至福の時間であったスキンケアタイムが

加齢とともに、そうではなくなっていたのでした…(=ω=) アラマー

 

3.鏡を見ながらスキンケアするメリット

鏡を見ながらスキンケアすると、自分のお肌と向き合わざるを得ません。

目を逸らしてはいけない現実が、鏡の中の自分です。

改善したいのであれば、残酷ですが、まずは自覚から。

鏡を前にしていれば、お肌やお顔の状態を確認できるので

足りない物を補って、余分な物は最低限にする

シミの出現を感じたら、美白対応の化粧品を投入する

浮腫んでいるようであれば、耳下腺や鎖骨周りもケアしてあげる

…等、すぐに対策することができます。

また、鏡の前だと意識してスキンケアできるので

肌負担になる力の入り過ぎを防げたり、化粧品を塗布し忘れたところがないかもチェックできます。

 

4.美意識と化粧品のパフォーマンスと高めるためにも

かつて、佐伯チズさんが「鏡を持ち歩かなくなったら、女を捨てるということ」と、仰っていました。

鏡を見るということは、意識をするということ。やはり大事なんですね。

目を逸らし続けていると、良くなることは絶対になく、悪くなるばかりです。

若かろう若くなかろうと、お化粧品の効果を最大限に出すには、流れ作業で使わないことが大切です。

ひとつひとつの工程を鏡で確認しながら、お肌と心に向き合って行いましょう。

中年以上にもなると、スキンケアですぐに効果を感じられることは少ないですが

適切に使っていれば、3週間後~3ヶ月後には何らかの改善は見られるはずです。

 

美意識を高めていると、自分の少しの改善でも気付いてあげられ、喜びが生まれます。

そうしている内に、スキンケアタイムは再び、至福の時間になるでしょう。

 

5.まとめ

自分を戒めるためにも、生意気を承知の上で更新させていただきました_| ̄|○ ゴメンナサイ…

日頃、お仕事や育児や家事にお忙しい方ほど、自分だけの時間は短く、だからこそ必要だと思います。

鏡の前でスキンケアをする時間は、自分のためだけに使える時間です。

一日頑張った自分を労うために、明日からまた輝いたご自身でいらっしゃるために

自分のお肌と対話をするスキンケアタイムは、鏡とともにお過ごしください。

 

< 関連記事 >

洗顔後たった2本の美肌プログラム

今から!無料で!できる美肌への第一歩

 

 初めてご予約くださる方へお願い(必ずお読みください)

 chocorouge インスタグラム フォローお待ちしてます (人’v`)

Facebookでコメントする